キウイを母に贈る

友達がキウイを一箱くれました,テーブルの上に置いて一週間になりました。ちょっと悩んでいます。

私にはキウイフルーツ,目新しいものではない。子供の頃、父は毎年森の中からキウイのバスケットを持ち帰っていました。毎日カゴのそばで待っていた私は、一つずつ絞り、時折やわらかいキウイを見つけてはすぐにむさぼり食べていました。悲しいかな、今日はこの幼少期の楽しみを味わうことができなくなってしまった。

妹にキウイをプレゼントして子供にお持ち帰り? しかし、彼女は私の申し出を断った。電話を切り、ソファに静かに横たわっていると、ふと思い立った。キウイは母にあげてもいいですね! 彼女はとても喜んでくれるでしょう。長引いていた悩みはようやく消えたのですが、嬉しさ半分どころか、さらに落ち込んでいました。

「なぜ母のことを最初に考えなかったのか? 働きすぎ? そんな時間はないのか?彼女は都会で仕事をしていて、1ヶ月以上会っていないので、どう説明すればいいのでしょうか?」私は修辞的に自問自答し続けた。

もっと頻繁に母と連絡を取って、週末は母と一緒に過ごさないといけませんね。 なぜかわからないけど、お互いにあまり話すことがないような気がする。 頑張る以外にも、一人でいることの方が好きなことが多いです。 先が見えない、収入が少ない、これが独立するためのステージなのか?お母様、息子さんの不平を理解しているのですね;そして、忘れていた自分を許すことができませんでした。

すぐに会いに行かなければならなかった。

夜道を歩いていると、急に息が詰まってきた。

「母が私を見るたびに 彼女は真面目な目で急いで見上げて、ご飯食べた? 食べてしまいました。 そして、本当に食べたの? そして、ポケットからクシャクシャになった10ドル札を取り出し、麺類を食べに行けと言われました。 その時は、いつも涙を抑えられないのではないかと思って、わざと避けていました。」

どんどんゆっくりと歩いていきました。 手に持ったキウイフルーツがどんどん軽くなっていく。 私が長年母に贈ってきた唯一の贈り物は、キログラム以下のキウイフルーツの箱でした。街中は人で賑わっていますが、母は過労ですか?既存の家庭の状況では、母は働く必要がなかった。 彼女が私のためにやってくれたことは誰もが知っている。 混乱する現実を前にして、いつになったら責任を取るのだろうか。

私は食堂のドアの外になりて、密に母を见してました。今夜は彼女は自由時間があるようで、ダイニングの明かりが暖かい。私は彼女が私を見つけるのを待って、笑顔で走ってくるのを待っていました。

「もう食べた?」 彼女はポケットからお金を取り出しながら尋ねた。

「あなたはどうなの?」 私は修辞的に尋ねた。

母は言葉を濁した。「ママ、一緒にラーメン食べに行こうよ」って腕を掴んだんだ。

1件のコメント

一位 WordPress 留言者 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です